トイレの水漏れは修理より交換がおすすめな理由とは

トイレの水漏れ対応としては、修理だけでなく交換という選択肢もあります。部品が手に入らない場合はもちろん、水漏れ箇所や設置からの経過年数によっては、交換した方がメリットが大きいことも少なくありません。経済性はもちろん、快適さなども含め、総合的に判断することが大切です。

■トイレの修理と交換のメリット・デメリット

水漏れは突然起こることが多く、修理費用は予想外の出費であるケースがほとんどです。修理の場合は部品代と作業費・出張費だけで済むため、トイレの交換に比べて費用が安く済みます。
ただし、出費が抑えられる反面効果は一時的で限定的なものになるので、他の部品や便器、タンクなどは劣化した状態のままであることは理解しておく必要があります。部品の寿命は10年前後で、次に故障したときには手に入らない可能性も高いです。設置から10年以上経過している場合には、トイレの交換についても検討してみましょう。

■修理よりトイレの交換がおすすめな理由
修理の場合には、便器はもちろん空間自体の雰囲気は同じままです。トイレを交換すれば、便器が新しくなるのはもちろん、空間自体が生まれ変わります。便器と同時に壁紙や床材を交換すれば、新築同様の気分を味わうことも可能です。
交換する場合は、選ぶ便器によっても効果が大きく違ってきます。トイレは家の中で最も多くの水を使う場所です。一度に流す水の量は従来便器が13リットル前後なのに対し、最新の節水便器では3リットルから6リットルだと言われています。使用する水の量が少ないため、4人家族で年間14,000円から15,000円前後の節約が可能です。
温水洗浄便座をお使いのご家庭では、節電効果も期待できます。最新式の温水洗浄便座は使う時だけ瞬間的に温めることが可能なため、電気代を年間4,000円以上安くすることが可能です。

■業者選びのポイント

トイレの交換はもちろん、漏水調査や自分では難しい修理は、業者に依頼する必要があります。ホームページなどで、水漏れ修理やトイレの交換で実績があるかどうかを必ず確認しておきましょう。依頼するときは、必ず見積りを取り、納得したうえで作業を進めることも重要なポイントになります。見積もりやキャンセル料についても事前に確認しておくことが大切です。


■まとめ
水回りを快適に使うことができる生活寿命は20年前後だと言われています。トイレを交換するかどうかは、物理面の寿命はもちろん、生活面での寿命やその他のメリットについても考慮して判断することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ