トイレの水漏れを解決する方法

トイレの水漏れを直すには、自分で作業する方法と水道 修理業者に依頼する方法のふたつの方法があります。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、適切な方法を選ぶことが大切です。

■修理する前に応急措置が必要

トイレの水漏れに気づいたら、まず最初に止水栓を閉めます。止水栓には水を止めるだけでなく、水量を調節する役割もあるため、止水栓を閉めるだけで水漏れが止まる可能性もあります。止水栓を閉めたら、被害拡大を防ぐために応急措置を講じましょう。
パイプや接合部分から水が漏れている場合は、自己融着テープと呼ばれる密着度や防水性の高いテープをぐるぐる巻きつけます。ヒビが入っている場合には、コーキング剤やパテなどで塞ぐのもよい方法です。材料が無いときは、バケツなどを置いて床に水が溜まらないようにしておく必要があります。
原因箇所が特定できない場合には、タオルをあてて様子を見るのもおすすめです。翌日タオルが濡れていれば、水漏れだと判断できます。原因箇所も同時に特定できるのがメリットです。

■自分で解決できる水漏れもある
パイプや止水栓などの接続部分が緩んでいる場合には、締めるだけで簡単に直すことが可能です。部品交換が必要なケースでも、ホームセンターなどで入手できるときは、自分で直せる可能性があります。部品を購入する際には、劣化したり故障している部品を取り外して、お店に持って行くのが確実です。取り外すとき、手順ごとに写真を撮っておくと、取り付けの手順を間違えずに済みます。
便器やタンク、パイプの結露が原因で水が溜まっている場合には、内外の温度差をなくすことがポイントです。窓を開けたり換気扇をつけっぱなしにするなど、工夫してみましょう。

■水道 修理業者に依頼が基本

手に入れるのが難しい部品の交換が必要な場合や、便器を外したり、トイレの交換が必要なケースでは、自分で直すのは困難です。
温水洗浄便座が原因の場合も、注意する必要があります。電化製品や精密機器に関する知識が必要になるため、専門業者に依頼するのがおすすめです。
原因がわからない場合や大量の水漏れも、プロの手に委ねるべきです。水漏れは軽微な場合を除き、水道 修理業者に依頼するのが基本だと覚えておきましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、原因箇所を特定するだけでも、意外に難しいものです。部品が手に入る場合でも、レンチやドライバーなどの工具も必要になります。無理に自分で直そうとすると事態を悪化させてしまい、安く直すつもりがかえって高くついてしまう可能性もあるため注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ